« 命日 | トップページ | ロックンロールを取り戻せ »

2007年6月27日 (水)

オズの魔法使い

ひょんなことから、この映画とは因縁浅からぬものになってしまったのだが、改めて思い返すに、本当に素晴らしい映画であった。
ジュディ・ガーランドの歌う「虹の彼方に」は言うに及ばず、印象的だったのはセピア色で表された現実界から魔法の国に移りカラーに変わるシーンで、観ていると「こんなの戦前にやれる国だ、こりゃあ日本なんかが戦争して勝てるはずがないな」って思ったりもした。
『オズの魔法使い』のような、子供が異世界に行って成長する、というのは『不思議の国のアリス』だったり『ライ麦畑でつかまえて』だったり『スタンド・バイ・ミー』だったりするわけで、これはもう永遠普遍のモチーフなんだろうけど、『オズ』の斬新さは、実は自分たちの求める大切なものは、既に持っていたんだ、と最後に気づかせる点である。
すると、「自分探し」っていったい何なんだ、って思えてくる。どこかへ行くと、何かをすると、成長する、自分が見つかる…そんなのは僕らの思い上がりに過ぎない、幻想だ。
今ここで、懸命に生きていなければ、どこへ行っても何しても、きっと何も変わらないのだろう。
そんなことを考えさせられる、素敵な映画であった。

« 命日 | トップページ | ロックンロールを取り戻せ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85610/6943889

この記事へのトラックバック一覧です: オズの魔法使い:

» 姓名判断!改名・命名支援!◆お手ごろ価格で! [姓名判断!★改名・命名支援!]
★新姓名学大宝典は、古代中国から伝わる字源流(画数を使わない)による姓名学と平安時代の嵯峨天皇の時代から始まり江戸時代末期に体系化された画数を中心とする日本式の姓名学(林文嶺と永社鷹一の2人が最初に体系化)と西洋に伝わるアルファベット式の姓名学の3種類の技法を融合した画期的な姓名学ソフトウエアです。プロの方も実際、多数利用されています、このソフトで貴方の姓名判断を致します。★姓名判断は運命学の相(そう)の分野=目に見える相を占う分野です... [続きを読む]

« 命日 | トップページ | ロックンロールを取り戻せ »