« 指馬為鹿 | トップページ | 夢を紡ぐ者 »

2007年6月11日 (月)

さる

さるはいつも
人間のお尻を見つめてゐる
それが尾だつたころの夢を見て


さるよ
お前を見てゐると
さういう人生もあつたのかと
柄にもなく思うことがある


さる
楽しそうに温泉に入るお前
酔つぱらつた気のいい親父のやうに
お前は顔を赤くして、何かに遠慮しているね


さるよ
進化をゆずつてくれて、どうもありがたう。
だから恥ずかしくないやうに、生きます。

« 指馬為鹿 | トップページ | 夢を紡ぐ者 »

コメント

イイ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85610/6742069

この記事へのトラックバック一覧です: さる:

« 指馬為鹿 | トップページ | 夢を紡ぐ者 »