« スサノオ遊学2 | トップページ | Les Murs ont la Parole »

2007年7月30日 (月)

スサノオ遊学3

徐福。秦の時代に実在した方士である。始皇帝が晩年に不老不死の仙薬を追い求めたのは有名だが、徐福にもこの仙薬探しを命じたのだ。
徐福は少年少女三千人と穀物の種を始皇帝からもらったというのだから、たぶん徐福は最初から仙薬などアテにしていなかったのだろう、案の定徐福は東海へ仙薬探しに出発して以来、二度と帰ってこなかったという。『史記』にはそうある。
で、日本の各地にこの徐福が上陸したという伝説があり、最も有名なのが熊野と富士の上陸伝説なのだ。
秦の国が陳勝呉広の乱ののち滅亡した際、その民が朝鮮へ逃げ、秦韓という国を作ったという話がある。辰韓とも書いて、その風俗は倭人に似ていたのだという。
そしてその後この辰韓の土地に出来たのが新羅であった。その新羅から来たのがスサノオであったら、何とも奇妙な符合と言わざるをえない。
スサノオと箕作りに話を戻そう。実はサンカのルーツに朝鮮半島の被差別民を求めるものがあるのだ。
それが白丁とか楊水尺という人々で、箕作りも漂泊もしていたという。スサノオとサンカ、サンカと朝鮮、朝鮮とスサノオ。このトライアングルは、サンカや白丁の資料がほとんど存在しない分、興味をそそられる。箕子朝鮮という王朝もあり、示唆的だ。
さて、とにもかくにもスサノオは出雲に現れ、あの有名なヤマタノオロチ退治という段になる。
ヤマタノオロチは越の国から毎年やってくる蛇の化け物ということで、村の者は若い娘を生け贄に差し出していたという。そこでスサノオは英雄的活躍で首尾よくオロチを撃破、オロチの中から出てきた宝剣・アマノムラクモノツルギを手にし、ついでに生け贄の娘をも手にする。
スサノオが放浪の後にこうして活躍できたというのは、典型的なスターウォーズ型神話の体型だ。主人公が貴種で、自分の意志に反して旅立ち、放浪し、最後には勝利する、という。ちなみにジョージ・ルーカスがスターウォーズに神話をかぶせたのは、彼が文化人類学者のジョゼフ・キャンベルの弟子だったからである。
さらに日本には客人(マロウド)信仰というものがあり、これは折口信夫が有名にしたのだが、この場合はもちろん客人はスサノオということになり、だから活躍するのだとも言える。

« スサノオ遊学2 | トップページ | Les Murs ont la Parole »

コメント

確か一度敦志の家で話したよね
それにあたらしい知識も加わってなんか一つの答えに向かいつつあるね

ジョージルーカスの話はなんかで聞いたことあるよ。
あの人の映画を体系化して紐解くと必ず神話の体系になるみたいなそんなの。

いろいろな人たちは無意識にその典型体系に愛着が湧いてるから惹かれてそして繁盛するとか何とか。

個人的に風土記の話が聞きたい。
マドンナとナヨビのほっしゃんのおかげで多少古典が出来るようになったので非常に嬉しい限りなんですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85610/7331003

この記事へのトラックバック一覧です: スサノオ遊学3:

» 全裸キャバクラを視察!! [潜入!!風俗日記。ヌキありシリーズ]
このブログは、風俗の潜入。店プレイ内容の画像・動画を撮影するという目標を掲げ日々風俗通いをする管理人のブログです。風俗に行けない子供達は見ちゃだめですよ。というわけで一回目。先週の週末を使って全裸キャバクラへと行って来ました。そもそも全裸キャバクラって何?システム自体はキャバクラで、ヌキ無し、おさわりなしとかそんなんだったら生殺しすぎて風俗はしごしちゃうわ。と思いながら友人Aと店へ・・[画像]※... [続きを読む]

« スサノオ遊学2 | トップページ | Les Murs ont la Parole »