« メモ | トップページ | 夏とダチョウ »

2007年7月26日 (木)

伝記ノススメ

ついに『三十三年の夢』を買った、ありがとう岩波文庫。今回の夏の重版は自分好みが多くてラッキーだった。ソローとトロツキーは今度買おう。

にしても宮崎滔天はカッコイイ。先日、奈良本辰也・高野澄の『西郷隆盛』 を読んだものだから、次はぜひ滔天をと決めていたのだ。

そうそう、若いうちに伝記をいろいろ読んどくといいと思うよ。俺もそんなにたくさん読んできたわけじゃないけど、読んだものにはほとんど感銘を受けた。中国人と日本人のが多いかな。伝記小説なんかもいいと思う。

つまらん小説よりよほどか滋養があると思うからね…それに、こういう生き方もあるんだ、っていう人生の指針にもなる。いったいその人がどんな英雄だろうと罪人だろうと、一つの生き方に他ならないんだから参考にならないわけはない。だいたい俺らの年で幕末モノやら三国志やら水滸伝やら読んでシビれない奴はオカシイ。優れた伝記は人を動かす。

さあ、この夏は伝記を一冊読んでみたらどうか。『福翁自伝』や『フランクリン自伝』みたいな定番モノもいいし、トロツキー『わが生涯』のように素晴らしく分厚いもの、英雄豪傑ものもいいし、石川啄木『ローマ字日記』や『ゲバラ日記』のような日記も悪くない。アウグスティヌス『告白』も許容範囲だ。

所詮人間が一生のうち経験できることはわずか。ならば、彼らの経験値をいただこうではないか。

« メモ | トップページ | 夏とダチョウ »

コメント

アウグスティヌス…いいですねせっかくの休みなんだし読もっかな

あえてアウグスティヌスってのが、らしいですね。
僕は今年の夏は『資本論』と闘ってみます。

ちょうど半年前に「告白」読んだな…

今年の夏は中国思想でも読みたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85610/7285175

この記事へのトラックバック一覧です: 伝記ノススメ:

« メモ | トップページ | 夏とダチョウ »